幅広い薬剤師の仕事

薬剤師とは、医薬品全般において、幅広い知識を持っている薬の専門家です。調剤薬局や病院などの医療機関において、医師が処方した処方箋にもとづいて調剤したり、患者さんへの服役についての説明を行うだけではなく、医療用の医薬品から一般用の医薬品まで、すべての薬を販売していたり、患者さんからの相談にのることができる人たちのことです。薬剤師になるには、大学の薬学部を卒業して、薬剤師の国家試験に合格した結果、初めて与えられる資格なのです。

大学の薬学部では、6年間にわたって、有機化学や向きが額などの化合物についての基礎的な知識をはじめとして、身体の中で薬がどのように作用していくかといったような知識、さらには、そういった薬を必要とする病気やその治療方法についても学んでいるのです。薬学部が6年制となったのは、平成18年度からですが、それだけ深い知識を身に付けるよう、時間をかけて勉強しています。また、薬剤師の国家試験に合格した後の進路として、薬局や病院などの医療機関で調剤について携わるだけではなくて、学校で環境衛生管理をおこなったり、医薬品の研究や開発、製造にかかわっている薬剤師も数多くいるようです。

それだけではなく、小学校、中学校、高等学校の生徒や県民に対して薬物の乱用を防止する活動や、禁煙運動についての取り組み、高齢者などに対しての薬の正しい利用の仕方を指導するなど、啓発活動への取り組みもしています。